美容法で差をつけよう

美容法に気をつけることによって美しさには大きな差が出てきます。

ここでは多くのモデルなどが利用している美容法を紹介していきます。

一つ目は水の飲み方に関する美容法です。水は飲めば飲むほど体がきれいになっていいような印象があるかもしれません。しかし、最近では食事中の過剰な水分補給は美容にはあまりよくないという見解になっています。食事中に水分をとると食物の消化を行うための胃酸が薄まってしまうのです。すると十分な消化が行えない状態になり、必要な栄養素の吸収が悪くなってしまったり、便秘などの原因となってしまうのです。

また水を飲むことによって飲み込みがしやすくなるため、食べ物のそしゃく回数が減少し、満腹中枢を得にくい状態になり食べ過ぎの原因となってしまいます。そのため、水の摂取は食事の30分前までのすますのが美容にはいいのです。

二つ目の美容法はトマトを積極的に食事に取り入れるということです。トマトにはリコピンと呼ばれる栄養素が含まれています。実はリコピンを含んでいる食品はトマト以外にはありません。そのため、摂取するためにはトマトを食べるしかありません。このリコピンがなぜ必要かというと、ベータカロテンやビタミンEといった抗酸化作用がある物質の100倍以上の抗酸化作用があるのです。つまりアンチエイジングにはかかせない栄養素なのです。

摂取したリコピンは皮膚に蓄積されることとなり、日焼けを防いでくれたり、コラーゲンを増加させ肌のはりを保つなどの効果があります。

3つめの美容法は油に関するものです。油はカロリーが高いことから摂取することが悪いことのようにとらえている人が多くいます。そのため、油抜きの食生活を送っている人は少なくありません。しかし、油抜きの生活をしている人は今すぐにやめなければなりません。

油でも質のいいものであれば美容にプラスな影響をもたらしてくれます。肌に潤いを与えてくれたり、ビタミンなどの吸収を高めてくれたり、便秘防止に役立ったりしてくれます。油をとらない状態でいると便秘の状態となり、代謝が低下することによって逆に太りやすい体になります。

また、肌荒れなどの肌トラブルも多く発生するようになります。髪の毛も乾燥しかさかさした状態になります。摂取する油は、しそ油やえごま油、青魚の油、オリーブオイルなどがおすすめです。トランス脂肪酸は油ですが、できるだけとらないようにします。しみやしわの増加や免疫力低下の原因となります。